紐は解けた

いつからか何にもせずに
全て周りの責任にする
夢を語るその顔は好き
大丈夫私に任せて

私が頑張るから心配なんてしないで
絶対に邪魔なんてさせない
どんな形でも一歩ずつ近ずいて行けば
きっとあなたも変わるよね?
足りないものは私が埋めるから

あなたを支えるためなら
どんな事でも耐えるわ
汚れたとしてもいいよ
抱かれた数だけ
二人の夢へと近づく
不安なんて抱えさせない

ちゃんと伝わってるかな?
なんの為に誰の為に私がこんなになってるのか
分かってくれてる?分かろうとしてくれてる?
もうわからないよ
このまま何も変わらないのかな
だとしたら二人…

自分でもわかってた
好きとかじゃなくて意地を
張っていただけなんだと
心も体もあなたも
全て失って
何の為に堕ちたのだろう

「頑張るね」その一言は聞き飽きた

紐は解けた